ビオチンと善玉菌サプリ 一人でできるビオチン療法

業界トップの配合

 

ビオチンって何?

 

最近何かと話題になっているビオチン療法ですが、あなたは「ビオチン」と言う言葉自体をご存知ありますでしょうか。

 

学生の時に化学を専攻されていた方なら、かろうじで知っているかも知れません。もともとビオチンと言うのはビタミンB群にカテゴライズされているビタミンになりまして、オランダの研究者であるケーグル氏が酵母の増殖に必要不可欠な因子として発見された事でビオチンと命名されました。

 

そしてマウスを活用した研究が進んで皮膚の炎症を防止する効果がある事も発見されたのです。その後ビタミンHとも言われる様になりましたが、最近では当初発見された時のビオチンと呼ばれているのが一般的となっています。

 

またビオチンの特徴といたしましてはアルコールや水には溶解しやすくて光、熱、そして酸に対しては安定しておりますがアルカリに対しては不安定となっているのです。

 

ビオチンはビタミンB群の一種!ビオチンが不足すると白髪や脱毛が増えたり、皮膚に炎症が起こったりします。

 

ビオチン療法のやり方

 

では次にビオチン療法のやり方についてご説明をさせていただきます。基本的には決められたサプリメントを一日三回、毎食の時に飲むだけですので方法としてはさほど難しくはありません。因みに一日に服用すべき量は人それぞれによっても異なりますしインターネットで紹介されている内容もバラバラなのですが、ビオチンやビタミンCは水溶性のビタミンとなりますので仮に飲み過ぎてしまったとしてもビタミンは尿から流されて行くのです。ですので過剰にビオチンを摂り過ぎてしまったかもしれないと言う心配は特に気にしなくても大丈夫なのです。

 

ビオチン療法に必要なもの

 

実際にビオチン療法を行いたいと思った場合には基本的には3種類のサプリメントが必要になります。ご説明をさせていただきますと、先ず「ビオチン」については別名ビタミンB7とも呼ばれていますが効果としてはかゆみや炎症を予防できたり皮膚を生成する細胞を活性化させてくれる効果があります。いつもの食事で日々の摂取量は採れているのですがビオチン治療を行う時には多めに摂取する必要があるのです。また大量に摂取しても体外に排出されるので問題はありません。またビタミンCにはビオチンの吸収力を向上させる効果がありまして真皮コラーゲンの生成を補助してくれる効果があります。またミヤリサンにつきましてはもし皆さまの腸内環境が悪いとせっかく取り入れたビオチンが悪玉菌のエサとなってしまうのでミヤリサンでお腹の調子を整えてくれる効果があります。またミヤリサン以外の整腸剤はビオチンを吸収する菌が含まれているので注意をしましょう。

 

ビオチン療法の量について

 

ではビオチン療法の量についてご説明をさせていただきます。基本的は摂取量と致しましては18歳以上の男女共に1日のビオチンの目標の摂取量と致しましては50μgとしております。ただしビオチンは水溶性ビタミンと言う特性があることから仮に多めに飲んでしまった場合でも尿から排出されやすいですので、過剰摂取をしてしまった事による健康上の被害は報告されておりません。

 

ビオチン療法の期間

 

では次に気になるビオチン療法の期間についてお話をさせていただきます。ビオチン療法は今日から始めて数週間後に直ぐに結果が出ると言う即効性が期待できる方法ではありません。体の内部からジワジワと効いて来ますので2〜3年程度かかると言っても良いでしょう。またアトピーの方については基本となるアトピーの体質は変わりませんがだいぶ肌質は改善されたと言うケースが多いです。なのでビオチン療法は有効な方法である分、かけるべき期間が長いと認識をしておきましょう。特に血中ビオチンの濃度が低い型のアトピーだと劇的な変化が期待できる場合が多いです。

 

ビオチン療法と美肌について

 

ビオチン療法を始める多くの方が、何かしらの肌トラブルを抱えている方が多いのが現状です。もちろん日々の肌ケアも怠らずに行わないといけませんが、ビタミンの一種であるビオチンを他の種類のサプリメントと併用する事で皮膚疾患やアレルギー、そして美肌効果に期待ができるのです。具体的にどの様な方にお勧めなのかと言いますと肌荒れが酷い場合や爪が割れている、花粉症の方、慢性湿疹、アトピーに代表されるアレルギーなどです。特に女性の方は美を追求している反面で思わぬ原因から虫さされだと思われる湿疹がなかなか治らなくて気が付いたら自家感作性皮膚炎と呼ばれるアレルギー的な慢性じんましんが全身に発症してまう場合もあります。そんなお悩みをビオチン療法であれば解決する事がでできるのです。

 

ビオチン療法と強ミヤリサン

 

ビオチン療法を行う際にはどのホームページを見ても必ず強ミヤリサンとの組み合わせでの手法が紹介されています。これはどうしてなのでしょうか、ビオチンだけではダメなのかと思ってしまいがちですが、ビオチン不足を解消する為には強ミヤリサンが必要不可欠な理由はビオチン不足に陥ってしまう原因にそのヒントがあります。具体的にビオチンはと言うのは今までは通常の食生活を行なっていれば不足する事は殆どなく、あったとしても稀であるとされてきました。しかし昨今の研究によると腸内環境がが悪化してしまうとビオチンが不足気味になる事が分かってきたのです。でもどうして腸内環境が悪くなるとビオチン不足になるのかと言いますと、腸内環境が正常であればビオチンを生成する為の善玉菌がビオチンを始めとするビタミンB群を生産しますので必要なビオチンの量を直ぐに腸内から吸収する事が出来るのです。でも腸内環境が悪くなってしまうとビオチンやビタミンの生成自体が滞ってしまい、またせっかく食事などから接種をしたビオチンですが、悪玉菌によって腸内から吸収される以前に消費されてしまうのです。ですのでビオチン不足を抑える為には腸内環境を整える必要がある為に強ミヤリサンが必要不可欠となり、その理由はビオチンを生成する為の高い能力を持つ酪酸菌と呼ばれる部類の宮入菌が主な成分となっているのが強ミヤリサンとなっている為なのです。

 

ビオチン療法とアトピー

 

今までご説明をしてきた通りにビオチンはコラーゲンの生成を促進したり、糖質や脂質などの代謝を促進させたり皮膚の血行を促したり私達の健康改善の為に色々な効果が期待できます。またビオチンはビタミンB群の種類になりますので、仮に多く摂取をしても体に害が無いので安全なことが特徴となります。この様に健康を維持して行くのには欠かせないビオチンなのですが、アトピー性皮膚炎の治療にも大きな効果が期待できる事が分かっています。また最近の研究ではアトピー性皮膚炎の患者の中には血清中のビオチン濃度が低下している人がいる事も分かってきておりますのでその為にビオチンをアトピー性皮膚炎の治療に使用している医師もいるのです。では次にビオチン治療がアトピー性皮膚炎を緩和する仕組みについてですが、ビオチン療法ではアトピー性皮膚炎患者特有の不足気味であるビオチンを積極的に取り入れる事で皮膚細胞のターンオーバーのサイクルを早めます。そしてターンオーバーのサイクルが早まるという事は正常な皮膚ができやすくなると言う事に繋がるのです。更にミヤリサンとビタミンCを一緒に摂取する事で効果を更に高める事ができるのです。

 

ビオチン療法とニキビ

 

ニキビケアは女性の大敵と言っても良い程10代から40代の女性が常日頃から気にしなければいけないスキンケアになります。特にニキビは顔にできますのでお化粧のノリが悪くなったり、また男性の前に近づきにくくなってしまいがちです。そんなニキビとは毛包と付属する皮脂腺である毛包脂腺系が閉じて炎症を起こした結果、丘疹や膿、結節などが形成された状態の事を言います。そしてニキビは一般的には思春期に一番多い状況となり診断は皮膚科に行き診察で行います。尚通常の治療では皮脂産生や感染、また炎症を抑制し角化を正常にする事を目的とした外科薬や全身投与薬を使います。ですので一般的には20代までに好発して30代になると落ち着くはずなのですが、ストレスや皮脂の状態によっては年齢に関係なくニキビができやすくなります。ですのでせっかく治ったと思ったらまた新しいニキビができたり繰り返しの再発に悩んでいる女性も多いのが現実です。ですので医者に行くだけでなく生活習慣を見直してみたり、食生活を改善してみたり色々試してはみたけれども一向に改善されないと言う方でもビオチン治療を始めてからはニキビができずらくなり、全体的な肌の調子もとっても良くなってきたと言うコメントが多いのです。特にお酒が好きな人はアルコールはビオチンを分解してしまいますので食事だけのビオチン摂取では十分な量をまかなえなかったりしますのでビオチン治療がお勧めになるのです。

 

ビオチン治療で悪化するケース

 

ここまで良いことずくめのビオチン治療ですが、逆に悪化したり副作用が出てしまったりなどと言う事はないのでしょうか?完璧な方法の裏にもきっと何かがあるはずであると勘ぐってしまいますが、先に記載をした様にビオチンは多量に摂取をしても特に副作用はございません。またビオチン治療を行った事で当初は肌トラブルを改善する為に行ったのですが、気がついたら毎日快便になったと言うケースもあります。例えばアトピー性皮膚炎の改善を期待していたのですが、実はビオチン療法と言うのはアプローチ先は肌だけではなく整腸剤となるミヤリサンも一緒に飲んでいますので腸内ケアも行なっているのです。また「肌は内臓の鏡」とも言いますのでアトピー性皮膚炎と腸内環境はいつも相関関係にあるのです。ですので良いことばかりなのですが、もしかすると結果が出るまでの間になかなか治らないので不安になってしまう場合があります。
例えばその1つにはビオチン治療は即効性が薄いのである程度の期間を要します。なので効果が出るまでにイライラしたり辞めてしまう場合もあります。そうすると挫折してしまい悪化した結果をビオチン治療のせいにしてしまう事がありますまたビオチン治療は使用するサプリの種類が多いですのでつい1種類だけ飲み忘れてしまう場合もあります。そうすると自分ではしっかりとビオチン治療に取り組んでいるつもりなのに効き目が弱かったり他のスキンケアを怠っていたりすると更に悪化してしまった様に感じる事もあります。特にビオチン治療は基本となる3種類のサプリメントですがそれ以外にも亜鉛、マグネシウム、ビタミンB、ビタミンD、マルチビタミンも合わせて飲むと良いですのでそうすると合計で8種類にもなりますのでどれかを忘れない様にしかも毎食後となると大変なのは分かるのですが、上手く管理をして飲み忘れが無い様にしておけば根気よく継続をする事ができますので、ビオチン治療で悪化するなどと言った思いをしなくても済むのです。結果としてちゃんと真面目に継続をしておけば悪化する事は無いのです。

 

ビオチン療法とビタミンC

 

ビオチン治療には欠かせない栄養素となるのがミヤリサンの他にビタミンCになります。ですのでビオチン治療を行う場合には単にビオチンとミヤリサンだけを飲んでいれば良いかと言うとそう言う訳にはゆきません。それはどうしてなのかと言うとビタミンCの効果と致しましてはビオチンの吸収を良くしてくれる働きがあるからなのです。勿論いつもの食事からもビタミンを摂取はできるのですが、ビオチン治療を行う場合には1日に1000mg程度のビタミンを摂取する必要がある為に、そうすると流石に食事だけで補うのは難しいのです。この様なことよりビオチン療法で必要なサプリメントと致しましてはビオチン5mg、ミヤリサン錠4錠、そしてビタミンCが350mgとなるのです。また真面目にビタミンCも摂取をしているとその効果としては毎年冬になると手荒れで悩まされていたのに完全に治ったと言う効果も見られます。それまでは手のひらにワセリンを塗っていたので就寝時には手袋をしないと行けなかったのですがそんな悩みもなくなったと言うケースがあったり、また腸内環境が悪かったためにおならが凄く臭かったのですが、腸内に老廃物が溜まらなくなった事によって臭わなくなったと言うケースもあります。この様にビオチン治療とビタミン摂取には切っても切れない関係性があるのです。

 

1人でできるビオチン療法

 

肌トラブルを改善したい為にビオチン療法に興味がある人が最近増えて来ています。でも近くにビオチンを処方してくれる病院がなかったり仕事が忙しくて病院に通う時間がないと言う方も多いのではないかと思います。ではその様な方はビオチン療法に取り組む事が出来ないのでしょうか?そんなことはありません。昨今の時代の進歩によってご自身でもビオチン療法を始められる様に最近ではインターネットでもお求めになる事ができるのです。

 

ドクターチョイス ビオチン療法セット

 

もしもこれからビオチン療法をスタートしようとしている方がいらっしゃいましたら是非ドクターチョイスのビオチン5000mcgがお勧めです。それはどうしてかと言いますと他社性と違って動物性のゼラチンを使用しておりませんので原材料に拘っており、体に優しいサプリメントとなっているからなのです。その他にもこの商品にはビタミンCも含まれておりますので別にビタミンCを摂取しなくても済むのです。その他にもビオチンの効果を高める成分が27種類も含まれていて価格体系も60粒(30日分)で2,950円となっているのです。臨床実験にも基づいていますので安心してビオチン療法に取り組めるサプリメントなのです。

 

業界トップの配合

このエントリーをはてなブックマークに追加 
更新履歴